HOMEブログ店長ブログ >エアコンクリーニングの「時期」についての考え方

エアコンクリーニングの「時期」についての考え方

2016/09/07

先日、お客差かとのお話の中で、

「エアコンクリーニングは『いつ』するのがいいのですか?」というご質問をいただきました。

突き詰めていくと、どんな事柄でも「はじめ」にキレイにしたい人、使い終わりを「キレイ」にしたい人とあるので 好み(?)の部分も出てくるとは思いますが、 個人的に「オススメ」したいのは…

①冷房でしか使用しないのであれば… 使い始めの「春」

②冷暖房で使用するのであれば… 夏の終わりの「秋」がいいのではないかと思います。

というのも…

ここであらためて、「エアコンクリーニング」で主に除去していく「エアコンのカビ汚れ」がつくメカニズムを考えてみましょう。


エアコンは「冷房」時 アルミフィンを冷やし、そこに風を通すことによって冷たい風を出すしくみになっているのですが、
その際、どうしてもアルミフィン部分に「結露」が起きてしまいます。 
夏場 エアコンをつけると 外にポタポタと水が流れるのは アルミフィンで結露した水をドレンパン(受け皿)で受けて外に排出しているからなのです。
その状態で運転を終了すると、当然アルミフィンは濡れた状態。 そのまま部屋の温度の上昇とともにエアコン内部は「高温多湿」のカビにとっては非常に好都合な環境ができあがってしまうのです。

つまり、エアコンのカビ汚れは「冷房」の時期に発生し、夏の終わりは「汚れのピーク」なのです。

 

冷暖房でエアコンをご使用の場合、 その「カビで汚れた空気」」を暖房でまき散らすことになってしまいます。

夏、汚れがピークになったエアコンは秋のうちにしっかりクリーニングして快適な暖房シーズンをお迎えください。

 

 



エアコン関連記事

送風機能の使い方

フィルターのお手入れ

防カビフィルター

部屋干しの臭い

おそうじ機能付きエアコンの設置場所

 

 

 

 
 
 

   ※土日祭日も休まず営業しております。