HOMEブログ店長ブログ >エアコン(川口市)レンジフード(蓮田市)

エアコン(川口市)レンジフード(蓮田市)

2015/10/02

今日は まずは川口市でエアコンのクリーニング。

冬の暖房シーズンでもエアコンをご使用になられるということで、この時期のエアコンクリーニングとなりました。

よく、エアコンクリーニングの時期についてのご質問をいただくのですが、

そのためには、まず エアコンの「カビ汚れ」はどのようにつくのかの「メカニズム」をご理解いただくのがわかりやすいかと思います。

 

 

まず、エアコンの「カビ汚れ」がつくのは 夏の冷房の時期 です。

エアコンは冷たい風を出すためにまず「アルミフィン」を冷やして そこの風を通すことによって空気を冷やしているのですが、

夏の暖かく湿った空気を冷やすことにより、「アルミフィン」に「結露」がおこります。

夏 冷たい氷水のい入ったコップのまわりに「汗」がつくのと同じ現象ですね。

その「結露水」は「ドレンパン」で受けて室外に排出されます。

夏にエアコンをつけると室外機の近くでポタポタと流れている水がエアコン内部の「結露水」です。

当然エアコンの内部の湿気はかなり高い状態。

その状態のままエアコンを切ると、お部屋の温度の上昇とともに エアコン内部は「カビ」のもっとも好む「高温多湿」の状態になってしまうのです。さらにエアコン内部にたまった「ホコリ」もカビの繁殖には好条件。

つまり…

エアコンのカビ汚れは 夏の冷房シーズンについて、夏の終わりには汚れはピーク状態。

 

さて、ここで…

エアコンを夏の冷房にしか使用しない場合は 次の夏の使用前にキレイにクリーニングするというのが一般的かと思いますが、

では 冬も暖房でご使用のなられる場合はどうなのか??

冬の暖房シーズン 当然エアコンはまず、「アルミフィン」を温めます。

すると夏についた「カビ汚れ」はその熱によって「乾燥」して「アルミフィン」からはがれやすくなるのです。

そのはがれた「カビ」がエアコンの「風」によってお部屋に「まかれる」ことも考えられます。

冬 暖房をつけるとなぜか咳がでる などの症状がある場合、エアコン汚れを疑ってみてもいいかもしれません。

 

結論として

エアコンを「冷房」でしかご使用になられない場合は 夏の初め。

エアコンを「暖房」でもご使用になられる場合は 夏の終わり。

がエアコンクリーニングのベストシーズンと考えられます。


エアコン関連記事

エアコンフィルターの取り扱い

防カビフィルターについて

送風機能のつかいかた

室内でペットを飼われているお宅のエアコン